2002年セレクト
礼拝・学び概要

主と出会う場所(1/3)
Br. S.Maruyama


ルカ24:1-5
24:1 週の初めの日の明け方早く、女たちは、準備しておいた香料を持って墓に着いた。
24:2 見ると、石が墓からわきにころがしてあった。
24:3 はいって見ると、主イエスのからだはなかった。
24:4 そのため女たちが途方にくれていると、見よ、まばゆいばかりの衣を着たふたりの人が、女たちの近くに来た。
24:5 恐ろしくなって、地面に顔を伏せていると、その人たちはこう言った。「あなたがたは、なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか。

 マグダラのマリヤ、ヨハンナとヤコブの母マリヤ――女たちは、復活の朝、恐ろしくはあったが主の愛に促されて墓に来た。
彼女たちに現れて御使いは言うのである。
「あなたがたは、なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか。」
 この言葉はどの時代のクリスチャンにも、チャレンジをもって語られる。
あなたは復活の主ご自身と交わっているだろうか。
御使いは言う。「生きている方を死人の中から探すのですか」
 私たちは生ける神を一体どこでお目にかかることができるであろうか。

主は示された。

マルコ16:7 ですから行って、お弟子たちとペテロに、『イエスは、あなたがたより先にガリラヤへ行かれます。前に言われたとおり、そこでお会いできます。』とそう言いなさい。」

ガリラヤは主が十字架にかかられる前に弟子たちに話されていた地である。弟子にとって復活の主に会う為には約束していたガリラヤの地に行くべきだった。

ヨハネ21:1-7
この後、イエスはテベリヤの湖畔で、もう一度ご自分を弟子たちに現わされた。その現わされた次第はこうであった。
21:2 シモン・ペテロ、デドモと呼ばれるトマス、ガリラヤのカナのナタナエル、ゼベダイの子たち、ほかにふたりの弟子がいっしょにいた。
21:3 シモン・ペテロが彼らに言った。「私は漁に行く。」彼らは言った。「私たちもいっしょに行きましょう。」彼らは出かけて、小舟に乗り込んだ。しかし、その夜は何もとれなかった。
21:4 夜が明けそめたとき、イエスは岸べに立たれた。けれども弟子たちには、それがイエスであることがわからなかった。
21:5 イエスは彼らに言われた。「子どもたちよ。食べる物がありませんね。」彼らは答えた。「はい。ありません。」
21:6 イエスは彼らに言われた。「舟の右側に網をおろしなさい。そうすれば、とれます。」そこで、彼らは網をおろした。すると、おびただしい魚のために、網を引き上げることができなかった。
21:7 そこで、イエスの愛されたあの弟子がペテロに言った。「主です。」すると、シモン・ペテロは、主であると聞いて、裸だったので、上着をまとって、湖に飛び込んだ。


[戻る] / [進む]
[GoHome]

鈴ヶ峰キリスト福音館