推薦メッセージ
デボーションタイム

グレースライブラリーより転載(http://nakamurafamily.net/library/)
アンドリュー・マーレイ

「聖霊のために聖別される」 (Separated Unto the Holy Ghost )(7/9)


男性も女性も、兄弟も姉妹も、あなたは聖霊のために聖別された神の働き人なのです。それは真実ですか? それはあなたが切望してきた願いですか? あなたはそのために明け渡されていますか? それは私たちの全能なる蘇りの主イエスの御力を信じる信仰を通してあなたが期待してきたことですか? もしそうでないのなら、私たちが召されている信仰とはそのようなものであることを知りなさい。聖霊のために聖別されることにこそ祝福の鍵があるのです。神が私たちの心のなかに御言葉を書き記してくださいますように!

教会はそのような聖別の働きをすることが可能であるゆえに、聖霊はアンテオケの教会に語ったのだと、私は言いました。聖霊は彼らを信頼していたのです。神は、私たちの教会、宣教団体、働き手の組織、全ての指導者、会議、委員会などが全て、聖霊のために働き人たちを聖別するという働きをするにふさわしい者として取りはからって下さっているのです。私たちもまたそれを神に願うことが出来るのです。

そこで五番めの考えが出てきます。それは、この働きにおける聖霊との聖なる協力関係は、私たちの側の意識と行動にかかってくる、ということです。

これらの人々は何をしましたか? 彼らはパウロとバルナバを聖別しました。御言葉に書かれていることによると、この二人は聖霊によって遣わされ、セルキヤに下ったとあります。 あぁ、何という交わりでしょう! 天の聖霊が働きの半分をなし、地上の人間が残りの半分をなすのです。人がこの地上での務めに任命された後、神の御言葉には、聖霊によって遣わされたと書いてあるのです。

そしてこの協力関係がいかに新しい祈りと断食を必要とするかわかりますか? 彼らはしばらくの間、主を礼拝し断食していました。恐らく数日間に渡ってのことでしょう。それから聖霊が語られ、そして人々はその働きをなすことになり聖霊との協力関係に入っていったのです。そして彼らはさらに祈りと断食に携わるためにすぐに集まりました。このような精神をもって彼らは彼らの主の命令に従ったのです。このことは、クリスチャンの働きの一番始めの時期にだけ当てはまるのではなく、全過程を通して、祈りによってこの力をいただく必要があるのだということを私たちに教えています。私にはキリストの教会に関して一つ思うことがあります。(それは時として私の心にとてつもない悲しみをもって襲って来ます。)私には、自分でも恥ている私自身の人生に関して一つ思うことがあります。私には、キリストの教会が受け入れておらず、全く理解もしていないと感じている一つの思いがあります。私には、「おぉ、あなたの恵みによって私たちに新しいことを教えてください」と神に向かって祈りたくなるような一つの思いがあります。それは、祈りが神の御国において本来持っているべきはずの素晴しき力についてです。私たちはそれをほとんど用いていないのです。


[戻る] / [進む]
[GoHome]