推薦メッセージ
デボーションタイム

グレースライブラリーより転載(http://nakamurafamily.net/library/)
アンドリュー・マーレイ

「人には出来ないことが、神には出来る」 (Impossible with Man , Possible with God)(3/7)


「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださるのです。」

ローマ人への手紙7章とのコントラストに注目してください。ローマ7章では新生された人が「善をしたいという願いがいつもあるのに、それを実行することが出来ない」と言っていますが、ピリピ2章では、さらに先まで導かれた人がいるのです。すなわち、神が志を立てさせて下さるのであるならば、その志が願うところを実行するための力を神は与えて下さるのだと理解出来た人です。このことを、私達の霊的な生活における第一の大切なレッスンとして受け取ろうではありませんか:「わが神よ、それは私には不可能なことです。肉と肉のもつ全ての力、また私の自我に終止符を打たせて下さい。そして無力であることこそ私にとっての栄光となさしめてください。」

私たちを無力のものとしてくださる神の教えのゆえにその御名を賛美いたします!

神への完全な明け渡しということを考えたとき、あなたは自我に終わりを告げ、日々の一瞬一瞬において、食卓で、家庭で、仕事で、試練や誘惑のまっただなかで、神に完全に明け渡されている人として生活することが現実に可能であるとわかると感じるところまで導かれたのではありませんでしたか? あなたが今このレッスンを学ぶよう祈ります。もしもあなたには出来ないと感じたのでしたら、さらに神にあなたを導いていただいてください。そうするとき、あなたは正しい方角に進んでいるのです。自分の置かれている立場を受け入れ、それを神の前に保持してください。「神よ、私の心の願いと喜びは、あなたへの完全なる明け渡しです。しかし私はそれを自分で実行することが出来ません。そのような生活を送ることは私には不可能なのです。私の能力を超えています。」あなたが全くもって無力であるとき、神があなたのうちに働いて、願いを起こさせてくださるだけでなく、それを行うことも可能にして下さるということを、神の御前にひれふして学びなさい。

神には出来る
次に来る二つ目のレッスンはこれです。「人には不可能なことも神には出来る。」

人には不可能であるというレッスンを学ぶところまで来たものの、それでも無力な絶望のうちに諦め、喜びも力も勝利もない惨めなクリスチャン生活を送っている人が大勢いると述べました。これはなぜなのでしょうか? なぜならば、そのような人は「神には全てのことが可能である」というもう一つのレッスンを学ぶために自らをへりくだらせていないからです。

[戻る] / [進む]
[GoHome]