推薦メッセージ
デボーションタイム

グレースライブラリーより転載(http://nakamurafamily.net/library/)
アンドリュー・マーレイ

「人には出来ないことが、神には出来る」 (Impossible with Man , Possible with God)(6/7)


神は人の中で働かれる
ここで再び、私たちは完全なる明け渡しの問題にやってきました。これこそがキリストの教会において欠けていることであり、それゆえに聖霊は私たちを満たすことが出来ず、また聖霊に対して完全に聖別された人々として生きることも出来ず、結果として肉と自我の生活を克服することができないのでした。私たちはイエスが神に対して完全に明け渡されていたように、自分もまた神に対して完全に明け渡されているということがどのようなものなのか、今だかつて理解したことがないのです。大勢の人が熱心に、また正直に「アーメン、私は神への完全な明け渡しのメッセージを受け入れます」と言うのです。しかし、それでもまだ「これは本当に私のものになるのだろうか? 神は本当に私を、天においても地においてもまた地獄においても、完全に神に明け渡された者として生きる、と言われる者の一人に変えて下さるのだろうか?」と疑ってしまうのです。 神がキリストにあってあなた方を御手のなかに持って下さる時に、神があなたを完全な明け渡しの人と変えて下さることは可能であると信じて下さい。しかも神はそれを保って下さいます。神は、直接的であれ間接的であれ「私は神の御手の中にある。私の神が私のために私の生活を成し遂げて下さるのだ」という祝された思いをもってあなたが毎朝ベッドから起き上がることが出来るようにしてくださるのです。

聖化について考えるのも疲れてしまったという人もいますね。あなたは祈りました。それを願い、求めて叫びました。それなのに、それはあたかもまだまだ手の届かないところにあるかのように見えます。イエスの聖さと謙遜--あなたはそれがどんなに遠くにあるのかよくわかっているのですね。愛する友よ、聖書的で、本物で、有効な聖化の教義とは、このようなものです。「人には出来ないことも神には出来る。」神には人々を聖めることが出来るのです。その全能の聖化の力によって、神は人々を、毎瞬毎瞬支えることが出来るのです。 おお、今、私たちが一歩でも神に近付くことが出来ますように!おお、神の光りが輝き、私たちがよりよく神を知ることが出来ますように!

私たちのうちにあるキリストの命について --キリストのように生き、私たちの罪からの救い主として、また私たちの命と力として、キリストをいただくことについて-- 私はいくらでも語ることが出来ます。そのことについてあなたがたに教えてくださるのは天にいらっしゃる神ご自身です。使徒パウロは何と言って祈りましたか?「その栄光の豊かさに従い」--神ご自身の栄光の豊かさに従ってであるなら、それはとてつもなく素晴らしいものであるに違いありませんね? --「力をもって、あなたがたの内なる人を強くしてくださいますように」--キリストが私たちの内住の救い主となってくださるために、神を信じる子供たちの心のなかで全能の力をもって働いて下さるのは、まさに全能の神ご自身であるということがわかりませんか? あなたはそのことを理解し、納得しようとして努力してきました。そしてそれを信じようと努めました。それでもまだだめだったのです。それはあなたが「人には出来ないことも神には出来る」ということを信じるところまで来ていなかったからなのです。

[戻る] / [進む]
[GoHome]