推薦メッセージ
デボーションタイム

グレースライブラリーより転載(http://nakamurafamily.net/library/)
アンドリュー・マーレイ

「人には出来ないことが、神には出来る」 (Impossible with Man , Possible with God)(7/7)


ですから、愛について語られた御言葉が、多くの人々に次のことを理解させてくださるよう信じます。それは、私たちの心に全く新しい方法で注ぎ込まれる愛が必要であること;私たちの心から一日中愛が溢れ出てくるためには、私たちの心は上からの、永遠の命の泉からの命で満たされていなくてはならないこと;そうすれば、羊がおとなしく狼が残酷であるのが極めて自然なことであるように、私達もまた極めて自然に周りの人々を愛することが出来るようになるのだということです。人が私を憎み悪口を言えば言うほど、その人が不愉快で愛するに足らない人であればあるほど、私は増々彼を愛するようになる、というような状態に私がなるまで、また、障害と憎しみと恩知らずがあればあるほど、私のなかで愛の力が増々大勝利を得るのだというような状態になるまで、 -- そのような状態にまでなるのでなければ、私はまだ「人には不可能だ」と言っていないのです。しかし、もしもあなたが「このメッセージは私の力を完全に越えた愛について私に語っている、それはまったく不可能だ」と言えるところまで導かれたのであれば、私たちは神の御前に出てこう言えるのです。「あなたにはそれは可能です。」

多いなるリバイバルを求めて神に向かって叫んでいる人たちもいます。それは私にとっても決して途切れることのない祈りであるといえましょう。あぁ、もしも神が彼を信じる人々をリバイブしてくださるのなら!まだ回心していない形式主義者や異教徒や懐疑家たち、あるいは私の周りにいるみじめな滅びゆく人々のことをまず最初に考えることは出来ません。私の心はまず最初にこのように祈るのです。「我が神よ、あなたの教会とあなたの民をリバイブしてください!」何千もの魂が聖さと聖化を切に求めているのにはわけがあるのです。それは神の力の現れに先立つものだからです。神はまず私たちに願いを起こさせ、それからそれを実行させてくださるのです。人々が切に求めているということこそが、神がすでに私たちの心に働いて願いを起こさせてくださったことの証明でありしるしなのです。おぉ、全能の神がその民の間で、私たちが願い求める以上に働いてことをなさせて下さることを、信仰を持って信じましょう。 パウロは言いました、「私たちの願うところ、思うところのすべてを越えて豊かに施すことのできる方に・・・栄光がありますように。」私たちの心もそのように言うべきです。全能者であるお方、私たちの願うところ思うところを越えて施すことの出来る神に、栄光がありますように!

「人には出来ないことも神には出来る。」あなたがたのまわりには罪と悲しみの世界が広がっており、そこにはサタンが存在しています。しかし、忘れないでください。キリストが御座についておられ、キリストは敵よりも強く、キリストはすでに勝利を得ておられるし、これからも勝利を得られるのです。ただ神を待ち望むのです。「人には出来ないこと」というこの御言葉は私たちを落胆させます。しかし、究極的には私たちは高くあげられるのですから--「神には出来る。」神とつながりなさい。全能のお方である神を讃え、信頼しましょう。それはただあなたの人生のためだけではなく、あなたにゆだねられている全ての魂のためにそうすべきです。「力ある神よ、あなたの全能の御力を、私のうえにいただくことを宣言いたします」、そう言って全能の神を讃えることなしに祈ってはいけません。そうすれば、その祈りに対する答えは必ず来ます。そしてアブラハムのようにあなたの信仰は強められ、神に栄光が帰されるのです。あなたが、それを為すと約束して下さったお方のもとに自分自身をお任せするからです。



翻訳 中村佐知氏
Copyright(C) 2000 by Sachi Nakamura

[戻る] /
[GoHome]